~今の仕事を離れる時~

人は様々なきっかけで転職します。その時の心構えを教えます。

自分の価値観に基いて仕事を選ぼう

今の仕事がつまらなく感じてきたり、自分の適性に合っていないと感じてきたりすると、転職が頭をよぎることがありますよね。
自分が興味のある仕事に就くことができれば、自分のスキルを存分に発揮でるのではないかという気持ちになります。
しかし世間では、新卒で入社した企業に定年まで勤め上げるのがベストで、イマドキの子は三年も経たないうちに仕事を辞めてしまって情けない、との声もあります。
現状には満足できていないのに、厳しい世間の声もあるので転職して良いのか、あと何年かは同じ職場に残るべきなのか、タイミングが難しいと感じることもあるでしょう。
就職活動の一般的な傾向は、学生が自分の好きなこと・やってみたいことをベースに企業を志望して入社します。
給料が良いから、憧れている職業だから、合コンでモテるから、という理由もあるでしょう。
学生ですので邪な気持ちがあってもいいし、当然やったことのない職業ばかりのため、誰もが仕事に対して未知の状態で入社してくるのです。
そのため、適性と職種のマッチングが取れているかどうかは入社してみないと分かりませんし、事前に判断するのは難しいです。
学生の中には、自分は何が得意なのか分かっている、と思う人がいるかもしれませんが、社会で有効なレベルのスキルなのかは誰にも分かりませんよね。
だから、入社してから「どうも自分には合っていないようだ」と転職を考えるのは間違ったことではないのです。
今度は自分の価値観に基づいて、何を重視して仕事を選択するのかを考えてみましょう。


#
Tags: |
自分の価値観に基いて仕事を選ぼう はコメントを受け付けていません。